アメリカ 返品天国

 

「あの行列は何?」

「アーあれねー。

あれはクリスマスプレゼントにもらったものを返品する人の行列よー!」

「もらったものを返品~?」

渡米して初めてのクリスマス後の12月26日。

 

これは、ある店の、外までズラーッと続く人の行列を見ながら交わされた、私と、在米10年以上の私の親友との会話です。

 

そして次の年のクリスマスの時期に、私は娘のクリスマスプレゼントに、ガラスの瓶を自分で飾り付けられるセットを購入しました。

中くらいのかわいい形をした瓶と、それを飾るためのペイントセットや、きれいなビーズなどがセットになっているものです。

 

こちらでは店で包装はしてくれないので、クリスマス用の包装紙を買ってきて、うちで丁寧に包みリボンをつけて娘に「はい!クリスマスプレゼント!」

 

クリスマスの朝、嬉々として娘が包みを開け、箱を開けると、私達の目に飛び込んだのは

 

「Austin」

 

とすでにでっかくペイントで名前の書いてある瓶!!

 

家族一同唖然!

 

ペイントセットや絵筆も使った跡があるし・・・・

 

どうやらどこかの Austin 君がやりかけでいやになっちゃったので、お母さんが箱に詰めなおして店に戻したものだったらしい・・・

 

すぐに返しに行った~!!

 

日本じゃこんなことありえなーい!!

 

こんなことがあったら、店の権威にかかわるでしょー!!

 

 

なのに、こっちのお店の人は返品の理由なんて尋ねません。

中を確認するなんてこともしません。

ポイッと棚にしまい、黙って返金してくれました。

 

あの箱は、そのまま再び そのまま売り場の棚に戻されたことでしょう。

 

ちゃんと確認しない店の人も悪いけど、あんなにどうどうとした使いかけを返しちゃう人もすごい神経してますよね・・・

 

その後も何度か、いろんな物を返品したことがあります。

そのたびに、返品の理由をいろいろ考えながらいくのですが、大概聞かれません。

 

値札を切ってしまった洋服も返してみましたが、何も言われずOKでした。

 

 

返品が簡単ということは・・・・・

逆に、買うときに十分気をつけなければ!!

 

返品の品を買わないように!!

 

 

・・・といつも十分に気をつけて買い物をしていたのですが、ちょっと気が緩んでしまいました。

 

去年の年末の出来事

 

去年のクリスマス休暇の時に行った旅行先のホテルでは朝食がただで食べられました。バイキングスタイルで、ただだからたいしたものは置いてないんですが、唯一子供達も気に入ったのが、ワッフル!

 

ワッフルメーカーが置いてあり、それにあらかじめ用意してあるワッフルの素を流し込み、焼けるまで待つのです。

焼きたてほっかほかのワッフルに、フルーツとシロップとホイップクリームをたっぷりのせて食べるとおいしい!!

 

旅行から帰ってきてワッフルメーカーがどうしても欲しくなり、お店屋さんへ!

あった、あった一つだけ残ってました!

箱のふたがちょっと開いてるのが気になり、主人に

 

「ねーちょっとこれ怪しくない?」

主人:「大丈夫だよ」

買って帰って何日か経って、いよいよ出番の朝が来ました。

箱から出し、生地も用意してさあ焼くぞ!っとワッフルメーカーを開いたら

中にはすでにワッフルのくずが・・・・

「やっぱりぃ~!」

 

 

箱の様子がおかしい時は要注意!!

 

一つだけ残っている時も要注意!!

 

スポンサードリンク